盗難を防ぐには?海外旅行におけるお金の持ち方

カードでお金を管理するのが主流

海外旅行ですりや引ったくりに遭う可能性はそう高くはありませんが、日本にいるときのような気持ちで過ごすのは危険です。特に治安の良くない国に行くときはガードを固めていくのが大切です。
まとまった現金を持ち歩くのは危険ですから、近年はクレジットカードやプリペイドカードでお金を管理する人が増えています。クレジットカードはカード自体を盗まれるのはもちろん、スキミングで情報を盗まれる恐れもあります。ですから、ICクレジットカードを持っていくといいでしょう。スキミングは、基本的に従来の磁気カードからしか情報を読み取ることができないため、安心です。海外旅行保険が付帯されているICクレジットカードであれば、より安心でしょう。

プリペイドカードなら手軽に発行

何らかの事情があり、クレジットカードが作れなかった人や、お金の借り過ぎが心配な人に打ってつけなのが、海外プリペイドカードです。発行しているのは旅行会社やFX会社、カード会社などで、年会費や発行手数料は無料、審査も不要で発行できます。
海外プリペイドカードは、出国前にお金をチャージして使用するため使いすぎることがありません。現地で現金が必要な場合は、ATMで現地通貨をチャージ分から引き出すことが可能です。
盗まれたときや無くしたときは、自分で速やかにパソコンやスマホでロックでき、見つかったときもアンロックできます。カードを使用するとメールでお知らせしてくれる会社が多いので、いつの間にか盗まれていた場合も発見が早いです。また、旅行後に余ったチャージ金を手数料無料で日本円に両替して使えるようにしているカードもあります。

アドドドヴェンチャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です